• 治療案内
  • 治療の流れ
  • アクセス

肩こり・腰痛には整体と指圧

指圧(しあつ)とは、疾病の予防並びに治療を目的に、指と掌で全身に定められたツボを押し、本来人間の身体に備わっている自然治癒力の働きを促進させる手技療法です。
これにより、筋肉のコリを和らげ血行を良くし、さらには皮膚機能の活発化や内分泌の調節、消化器系の正常化などの効果を促進します。

また、整体は筋肉をほぐして骨の調整をします。(ボキボキ鳴らすような矯正法はしません)
骨の周りに付いている筋肉もほぐす必要があるため、表面の筋肉と骨に張り付いている内側の筋肉もほぐし、その結果として骨を矯正する事になります。
※安定期に入った妊婦さんも安心してご利用頂けます

鍼・温灸

鍼の刺激によって皮膚筋肉などを刺激して、生理状態を変化させ痛みを和らげる施術法です。
鍼と灸は、世界の伝統医療の中で最も長い歴史をもち、いまや地球規模に広がる 代替医療の代表です。
鍼の起源は、ヘン石だとされています。毒虫にさされたり、 傷が化膿した場合に、人々は鋭利な石片で患部を刺して血を流し治療をしていたようです。 その後、数々の経験から穴や経脈が発見され、また金属の鍼が発明されるようになって、 それらの穴(ツボ)や経脈に作用され、治療を行うようになりました。

また、温灸とは、強過ぎる、あるいは不快な熱さのない灸療法の総称で、普通のお灸とは違い、直接皮膚に接触はさせずに施術を行う為、火傷や水疱(みずぶくれ)ができず、醜い痕(あと)が残らないものになりますので、非常に安心して施術を受けて頂くことができます。
詳しくは温灸のページでご確認ください。

適応症

・ 頚、肩、腰、膝等の関節痛
・ 肩こり、頭痛、目の疲れ
・ 婦人科:月経困難症、生理痛、膀胱炎など

その他の症状でもご相談下さい。

料金

○一回    1時間    4,000円
○回数券 6回分    21,000円

患者様の声

K・H様(59歳) 女性

母の代からお世話になっています。主人の転勤で旭川に越したので、しばらく治療出来なかったのですが、また札幌に戻ってきたのでお世話になっています。
私にとってとても安心して治療を受けることができるのでありがたいです。

Y・M様(78歳) 女性

先生が「筋肉の疲労が溜まってくるとリンパの流れが悪くなり、皮膚と筋膜に癒着を起こす。それを剥がす為に鍼を入れると、リンパ液がからまり抜けづらくなり」とよく言われますが、その通り悪いところは、抜くときの方が痛いので、その言葉を実感します。

H様(51歳) 男性

一番初めは、顔面神経麻痺でお世話になったのですが、もう20年も毎週一回治療に通って体調を整えています。

K様(60歳) 女性

頭部に帯状疱疹が出たのですが、温灸をすると痛みも薄らぎ、後も残らず綺麗に治りました。

G・H様(45歳) 男性

雪の坂道で転び、翌日腰が腫れあがり立ち上がることも容易でなかったのですが、温灸のお陰で痛みがおさまり腫れも引き、今では正座もできます。

K・T様(65歳) 女性

五十肩をこじらせてしまい、病院ではシップと痛み止めの薬を出してもらいましたが、痛みがひどくなりベッドで寝ることも出来ず、ソファで座ったまま寝る状態でした。
治療を受けてからベッドで横になって寝ることができるようになり、肩の激痛がおさまり、3ヵ月ぐらいでようやく普通の生活が出来るようになりました。